無線LANは配線スッキリだけど、台数が増えると不安定になるので対策として・・・

今日はネット環境のちょっとマニアックな内容です。

 

ドラフトのネット環境は今までず~っと「全PCが無線LAN」でした。

なぜかというと、配線がスッキリしていて見た目が綺麗だからです。

速度も安定してるし、とっても良いんですよ。

 

しかしですね、PCの台数が10台以上になってくると接続が不安定になるんです。

これじゃあ仕事にならない。

 

解決策として導入したのが、業務用の無線LAN親機です。

↓こんなやつ。

51xbj6stwjl-_sl1080_

これだとカタログスペックでは40台くらい繋げても大丈夫らしいという事で導入しました。

 

でも接続台数が20以上になってくると、やっぱり不安定になるんです。

次の解決策として導入したのが、業務用無線親機の2台体制。

51xbj6stwjl-_sl1080_51xbj6stwjl-_sl1080_

それでも、40台を超えてくると、やっぱり不安定になるんですよ。

 

IPアドレスを固定にしてみたり、周波数を分けてみたりといろいろやってみたのですが、結局安定しない。

特に朝イチが不安定。

 

以前は「無線LANの技術は将来的に絶対もっと進化するからもう少し待とう!」と豪語していたのですが、業務に支障を出すわけにはいきません。

もう有線LANにするしかないのか・・・と降参しかけていたのですが、最後にもう1つだけ試してみる事にしたんです。

 

それが、「有線LAN端子付きの無線中継器」です。

図にするとこんな感じ。

無線

無線LANと有線LANの良いとこどりを狙ってみました。

しばらくこれで様子をみますが、もしこれでもダメだったら有線LANにしようと思います。

 

詳しい方がおられましたらアドバイス下さい。

無線LAN希望です。

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も若く働きやすい会社です。