よく聞かれるネットで売るならどこに店を出せば良い?今どきのECサイト事情

ネット通販をしているとよく聞かれる質問が「ネットで売りたいんだけど、モールと自社サイトどこに出せば良い?」です。

今日は私なりの意見を書いてみようと思います。(あくまでもBtoCの例でありBtoBには当てはまらない事もあると思います。)

100人中98人はモールで商品を探す

「ネットで買い物をするとき、どのサイトで商品を探しますか?」 というアンケートをしたところ、100人中50人が楽天市場、48人がAmazon、2人がGoogleで検索と答えたそうです。この答えは現在の実態を表していると思います。ネットで買い物をするときに検索エンジンで商品を探す人は以外に少ないんですね。

その理由はモール(特に楽天)がポイントでユーザーをうまく囲い込んでいる事にあると思います。ネットで何か探そうと思ったら楽天で検索しようという心理が働くわけです。結果、楽天のお客さんは購買意欲が高いという事です。

EC市場で成功しようと思ったら、モールを外すということはもったいない行為だと思います。モールに出店せず、自社サイトだけで運営するのは、100人中98人を捨て、2人を相手に商売をするようなものです。これからECの運営を行う場合も、すでに自社サイトの運営を行っている場合も、「モールへの出店(特に楽天)はするべきだ」と思います。

楽天は確かに他社よりも費用がかかりますが、集客力は圧倒的にNo.1です。これはほとんどのモールと自社サイトを運営してみての実体験です。

書いてる内に今日1日では書ききれなくなってきたので、続きはまた明日にします。

モールでの主流となる集客方法が変わってきてたり、楽天とamazonに出店してみて実感する違い、BASEに店を出したらどうなるか、自社サイトのメリットって何なのという所も書いてみようと思います。

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も若く働きやすい会社です。