どうやってお客さんに商品を使っているシーンを想像させるか?

今日本で家具を揃えようと思ったら皆どこへ行くでしょうか?

きっと多くの人が、ニトリかイケアへ行くと思います。

業績を伸ばし続けている両社に共通している事は、家具だけでなく食器からカーペットまで全て揃うという点と、モデルルームがいくつも用意してあり、一人暮らしの場合でも、家族で暮らす場合でも家具を実際の部屋でどんな風に使うかを想像できる点です。

洋服の場合もそれは同じで、商品1つ1つを別々で売るようなお店作りではなかなか売れません。トータルコーディネートしてあるから、自分が着ているシーンを想像出来て購買に至る訳です。

コーディネートを沢山載せていた方が、その商品を使っているシーンをより沢山想像できる。

これを忘れてはいけないのです。

 

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「双方向メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も20代と若く働きやすい会社です。