人が窮地に追い込まれた時のパワーはものすごい

ドラフトでは今年から、「全社で勉強する」という事を宣言していますが、窮地に追い込まれた人間のパワーってものすごいと思っています。

これは私の体験からなのですが、私は1度就職してから大学受験をしました。3年間のブランクがあったので勉強は当然ほぼゼロからのスタートで、英語に至っては200点中20点という状態…しかもセンター試験までの期間は半年しかありませんでした。

崖っぷち、背水の陣です。もう全力でやるしかなかった。歩きながら参考書読んでましたから、全神経が勉強にいってました。結果センター試験では最高の点数を採れました。でもこれだけやったのだから当然の結果だと。人間やれば出来るって言うけど、本当だなと思いました。

 

それくらい窮地に追い込まれたのが、昨年。ランチェスター戦略を中心にいろんな成功事例を学び続けて、ようやく結果がついてくるようになったんですね。本気で集中すれば成果は出るんだなと人生で2回目の経験でした。

ただ、ここで満足していたのでは成長は止まってしまいます。窮地に追い込まれた時の人間の集中力って凄まじい。常に自分を窮地に追い込むにはどうしたらよいか。

それは、現状に満足せず成長を思い描いて、何が必要かを常に意識する。そして現実とのギャップを感じ続けるのが良いのではないかと思います。

来年度こうなろうと思うとどうすれば良いのか?今年度の事だけを考えていてはダメなんだと改めて気づきました。

そして同時に、先の事を考えられる環境を作ってくれる皆さんのお陰なのだなと感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
株式会社ドラフト採用情報

年率10%で成長する巨大なアパレルEC市場の中で私達は「メディア」を活用した双方向性ECサービスを運営しています。事業拡大の為、人材を募集しています。

おすすめ戦略本を5冊紹介します
ドラフトの戦略を作る時に役立った

世の中には「経営戦略」に関して書かれた本は沢山ありますが、特におススメの5冊を紹介します。私がドラフトの戦略を作る際にも大変役に立ちました。