そもそも人事評価って何の為にやるの?

今日はいつもお世話になっている社労士の小玉先生にお越し頂き、”人事評価する側”に向けてセミナーをして頂きました。

評価者がちゃんとした面談を出来ないと、例えどんなに素晴らしい評価制度があったとしても全く機能しないからです。

 

で、最も根本的な質問がありました。

「人事評価は何のためにやるの?」

 

これ、今まであんまり深く考えた事なかったですが、良くある一般論だと「給与や賞与の査定をする為」だという考えです。

 

確かにそれは目的の一部かも知れませんが、もっと大切な

「会社の方向性を伝える」「人材育成」「チームワークを良くする為」「人間関係を良くする為」

であり、業績を向上させる為であるのです。

 

そしてこれは私が思う事なのですが、極論は「本人の幸せの為」であると思います。

業績が向上すると、自分のやりたい仕事ができる、仕事が楽しくなる、そしてもちろん待遇も良くなります。

決して「給与や賞与の査定をする為」だけではないんですね。

 

ここを踏まえて評価制度を作るのはもちろんですし、評価や面接をする人も「評価制度は何の為にあるのか?」をしっかり理解しておく必要があるのです。

 

社長1人が頑張っても限界がある、役職者だけが頑張ってもやはり限界がある。

私たちの様な小さな会社は全員で頑張っていかなければならないんですね。

 

そして早速、今日教わった新しい取り組みを始めていきます。

この取り組みは、他の会社ではやっていないです。(どんな取り組みかは社内だけの秘密)

回数を重ねれば、「会社の方向性を伝える」「人材育成」「チームワークを良くする為」「人間関係を良くする為」という人事評価本来の目的を達成する事が出来るでしょう。