成功する人は我慢強い人

4歳の子ども達を対象に、こんな実験が行われたそうです。

全員の目の前に美味しそうなマシュマロが1つ置いてあります。マシュマロを15分食べずに我慢できたら、もう1つあげるという事を伝えてどうするかを見てみたそうです。

そうすると食べてしまう子供と、15分我慢出来る子供がいたそうなんですが、実験を受けた子供のその後を調べてみると15分我慢出来た人は出世したり、社会的に成功した人が多かったそうです。

遊びたいけど、我慢して勉強する

欲しいモノがあるけど、我慢して買わない

大変だけど、我慢して継続する

などなど、この実験で我慢する事のパワーが証明された気がします。

 

地味な事って目立たないから、その大切さってなかなか理解できないんですよ。

これは経営も同じだなと思います。

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も若く働きやすい会社です。

1 個のコメント