1人あたりの売上が3.7億円以上あるすごい会社があった

最近、健康食品で有名な「やずや」について、いろいろと研究しているのですが、すごい会社だなって思います。

1番驚いたのは、年商300億円の時に社員がたった80人しかいなかったということ。

とんでもないですね。1人あたりの売上が3.7億円以上あります。普通の会社の10倍くらいあるんじゃないでしょうか。

 

なぜこのような「少数盛栄経営」を可能にしたのかと言うと、人材育成に力を入れたからです。

財を残すのは下、企業を残すのは中、人を残したら上、そして感動を残すは最上

仕事は感動を通して覚えさせなさい。体験を積ませ、褒め、育てることが大事だと書かれていました。1人1人を徹底的に育成し精鋭に育て上げたのでしょう。

 

これを読んで、さらに人材育成に力を入れようと決意を固めました。

普通は業績が良くなって、さらに売上を伸ばそうとした時に、いかに優秀な人を採用するかという頭になりがちです。

しかしそうじゃない。普通の事をしていても絶対に成功はしません。

 

目標を戦略的に絞り込み、効果的な戦術を実行する事で、戦果は最大化します。

経営戦略・戦術を実行する為に、人材育成は必須なのです。

常に教育・教育・教育であり、全員で勉強する風土を創りあげなければいけません。

 

少なくとも5年先の中期計画を作成して、戦略・戦術を全員で共有する必要があります。

 

自社の戦略・戦術を分かりやすいシートにまとめ、何度も何度も話して聞かせて、テストして全員が理解してそれぞれの業務にあたる。

ここまでやって初めて日本1になれるのでしょう。

ドラフトの皆は全員が本当に素直なので、きっとまだまだ伸びます。

私達なら絶対にできます。

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も若く働きやすい会社です。