ガリバーが車の買取りに新しい付加価値をつけてきた

ガリバーの本業はBtoCではなくBtoB

以前ガリバーの戦略について書いたことがありますが、実はガリバーのメイン事業は中古車を個人に販売することではなく、中古車屋さんに販売するBtoBなのです。

ユーザー車を買取る→業者専用のオークションで販売する

ですから、ガリバーは車の販売よりも”買取り”に集中しています。

詳しくはこちら↓

ガリバーインターナショナルの戦略は素晴らしい

2015.06.03

そんな買取り力が強みのガリバーが「新しい切り口の買取り」を始めました。

買取り・下取りに代わる第三の選択肢

それがこちらの「車売却プランナー」というサービスです。

買取った車の今までの販売先は、「業者用オークションorガリバーの店頭販売」の2つ。そうすると販売先が少ないので、買取り査定額があまり高く出来ません。

そこでガリバーは、”海外販売”と”個人間販売”という新たな販売先をプラスしました。(個人間販売というのはガリバーが運営する、車のフリマ「クルマジロ」を使う)

サイトの説明によると通常買取り価格より20%高く売れるそうです。

「愛着のある車が安くしか売れないんだったら…」というユーザーが「愛着のある車だけど高く売れるなら…」に変わる可能性がありますね。

車の買取り台数をいかに増やせるかが大切

中古車販売では「販売よりも買取りの方が大切」と聞いた事がありますが、ガリバーは当初から車の買取りに集中し”強み”にしてきました。

今回の新しい取り組みはガリバーの”強み”を強化してくれる可能性があります。

車買取り台数業界No.1のガリバーですらさらに”強み”を強化しようと努力している訳です。

業界No.1ですらない私達はブレてるヒマなんてありませんね。

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も若く働きやすい会社です。