youtubeは動画配信プラットフォームとして優秀だった

ネットで動画配信するのは高度な技術が必要

今の時代、動画を配信するのってyoutubeやfacebook、インスタグラムを使えば驚くほど簡単に出来ますよね。スマホを使えば個人でも簡単に出来てしまいます。しかし”動画配信のプラットフォームの運営する側”からすると、実は結構ハードルが高いんです。

その理由は2点あります。

1つ目は動画配信プラットフォームでは「高性能のサーバースペック」が要求されるという点。動画は画像と違ってファイル容量が大きいので、容量と速度が大事になってきます。

2つ目は「動画ファイル形式を複数用意しなければならない」という点です。実は端末やブラウザによって再生可能な動画形式ファイルというのは違います。誰でも快適に見れるようにするには、端末とブラウザを判別し、自動で動画ファイルを出し分けしなければならないのです。

上記の理由から、私達のような規模の企業が「動画配信プラットフォームを自社で用意する」というのは結構ハードルが高いんです。

C CHANNELkurashiruのような動画事業に特化した企業は自社の配信プラットフォームを利用していますが、ある程度の投資が必要になってきます。

それらを無料で提供しているのがyoutube

配信プラットフォームを運営する側の立場で考えるとyoutubeって改めてすごいなと思います。しかも無料で利用可能。

ですから私達はyoutubeのプラットフォームをフル活用して自社の動画配信に特化したメディアサイトを作ろうと考えています。

このようにサイトに埋め込んでしまえばいいだけですから。

視聴者からすると、どのプラットフォームから配信されてるか?というのはそんなに重要ではなくて、大切なのはあくまでもコンテンツの内容だと思っています。

動画チームの今後に期待しています。

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も若く働きやすい会社です。