人は30代で1番伸びる

私は学生の頃、あまり難しい経営の本は読みませんでしたが、松下幸之助さんの本は図書館で借りて本当に沢山読みました。

経営の理論ではなく、経営者としての心構えを沢山学ばせてもらいました。

尊敬する経営者の1人です。

 

これは松下幸之助さんが語った言葉だそうです。

 

昔から、若い時の苦労は、買ってでもせよ、と言われておるけど、ほんまや。

若いときに苦労しとかんと、人間としての実力もできんし、人間的にも魅力がでんわ。

それに、苦労して、苦労して、それを乗り越えて来た者は、どんなことがあってもくじけんし、たいてい成功するな。

 

苦労というと、困ったな、かなわんなと思うわな。

けど、そういうことを考えると、苦労を喜んで迎える、困難を喜んで受け入れる。

近頃は、血のにじむような苦労をするということを、あまりせんわな。

けどほんとうは、この血のにじむような苦労をせんと。

そういういちばん苦労せんといかんという、その時期は、やはり、30代やな。

いちばん伸びるときは30代や。

 

この言葉を私なりに解釈してみると、30代はとにかくいろんな経験をして、失敗もして、いろんなことをインプットしなさい、と受け取りました。

 

30代になって、良いこと悪いこと、いろんな事がありました。

失敗も沢山しました。夜眠れないこともありました。

しかしその苦労があったからこそ、学べた事も沢山ありました。

 

お陰で、今の現状があるのだと思います。

30代は始まったばかり。まだまだいろんな事をインプットしますよ。

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「双方向メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も20代と若く働きやすい会社です。