freeeの給与計算を導入しようと考えています

少数精鋭にクラウドやAIシステムの導入は欠かせない

ドラフトでは少数精鋭を貫くぞという事でITを駆使しながらやっていますが、給与計算や勤怠管理の部分は未だに手作業でやっています。

勤怠管理はタイムカードでやって、タイムカード集計して、給与計算して、給与明細をプリントアウトして、封筒に入れて…

会計の方はfreeeで自動化してかなり効率化されたという事を以前書きましたが、今度は給与計算や勤怠管理もfreeeで管理していこうと考えています。

これですね。

最終的には給与を自動計算させてクラウド会計と連動させる

freee給与計算の主な機能として、

・スタッフ1人1人にアカウントを発行し、WEB上で出社時間と退社時間を記入。そのデータを基に給与を自動計算。(パートさんの給与計算が楽になる)

・社会保険料も自動で計算

・給与明細もWEBで確認可能。

・有休の申請もWEB上で行うので、残り日数の確認や管理も楽になる。

・年末調整に必要な情報も各人が自分で入力し、計算、書類提出も可能。

等があります。(まだまだ便利な機能がある)

こういった繰り返しの作業、これからの流れは間違いなく”自動化”で進むでしょう。

全てを自動化してしまう事に抵抗がある人もいるでしょうが、大切なのは1回やってみる事。

まずは1度導入してみて決めようと思います。

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「双方向メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も20代と若く働きやすい会社です。