「家訓」を作りました。

この度、我が家で「家訓」を作りました。

【相手の立場になる】
自分がされて嫌な事はしない。自分がされて嬉しい事をする。

 

【成功の反対は”何もしない”】
何事もまずはやってみて失敗すればいい。一生懸命やったなら無駄になる事なんて一つもない。

 

【素直になる】
素直でない人は、失敗を他人や周りの環境のせいにして反省しないから何も学べない。素直な人は、失敗を認め反省するから学ぶ事が出来る。そして同じ失敗はしない。失敗しない人なんていないんだから素直な方が得をする。

 

【謙虚になる】
いくら頭が良くても、いろんなモノを持っていたとしても、偉そうな人には誰もついてこない、助けてくれない。謙虚な人は皆が助けてくれる。

 

【常に学ぶ】
以上の家訓を常に頭において、新しい事を学ぶ姿勢を忘れないこと。

作ってみて思ったのが、ドラフトの求める人材像とほとんど同じだったという事です。

「こんな人と一緒に働きたい!」ドラフトが求める人材像は具体的に3つあるんです

2017.04.20

というか、全く同じですね。自分の”願い”を書き出したらこうなりました。

「家訓」とか「求める人材像」は「大切な人がこれからどう生きて欲しいのか?」を書いたものです。

これから子供を教育していく中で、家訓に反する事があった時は厳しく注意していこうと思いますし、大人になって判断に迷った時には、思い出して欲しいです。

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
株式会社ドラフト採用情報

年率10%で成長する巨大なアパレルEC市場の中で私達は「メディア」を活用した双方向性ECサービスを運営しています。事業拡大の為、人材を募集しています。

おすすめ戦略本を5冊紹介します
ドラフトの戦略を作る時に役立った

世の中には「経営戦略」に関して書かれた本は沢山ありますが、特におススメの5冊を紹介します。私がドラフトの戦略を作る際にも大変役に立ちました。