差別化を成功させるには「自分に負けない事」が大切

メトロバンク、ホールフーズ、パルズ・サドン・サービスの「ほんの少しの差別化」を紹介してきましたが、どれも特別な技術や設備は使っていませんでしたよね。

他社と差別化するって聞くとものすごく大変なように聞こえますが、少しだけで良いんです。

差別化を成功させる為に大切な事

私が思うに差別化で最も大切なのは「自分に負けない事」です。

例えばホールフーズを例にすると、店舗数が増え、売上が増えてくると、「ちょっとだけなら自然食品以外を扱ってもいいんじゃないか?」という思いが出てくると思います。

そして、きっと最初は売れるでしょう。

しかし、ここでブレてたらホールフーズは普通のスーパーマーケットになっていたでしょう。

誘惑に負けず、「自然食品しか扱わない」という理念を貫いたからこそ成長できたのです。

「自分に負けない」

他業種の良い話しを聞いたりすると、ブレそうになる時って多々あります。

しかし、ブレたという事は「自分に負けた」という事。

これだ!という差別化があるなら、絶対にブレちゃいけないんです。

結果それが会社を強くする。

 

個人も同じです。

何らかの失敗した時って、無かった事にしたり、ごまかしたりしたくなります。

どんなに強い人間でも、「別にいいんじゃない?」って1度は思った事があるでしょう。

しかし一度自分に負けると、次はもっと簡単に「別にいいんじゃない?」となる。

反対に、自分に負けず素直な気持ちで現実に向き合った人は強くなれます。

ドラフトはこれからも「自分に負けない」理念を貫きますし、同じように「自分に負けない」人材を育てていきたいです。

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も若く働きやすい会社です。