ビリギャルをやる気にさせた方法

勉強する習慣もなかったビリギャルをどうやってやる気にさせて、慶應大学に合格させたのでしょうか?

というインタビューに対して作者の方は

「本人がワクワクする目標」を設定してあげるだけでいい

と言っていました。

ビリギャルの場合は、

慶應ボーイ=イケメン
君みたいなビリギャルが慶應に合格したら超おもしろいよね?

というだけでテンションがあがったそうです。

 

これは企業も同じですよね。

会社の目標は皆がワクワクできるものでしょうか?
社長や一部の人がワクワクしているだけではないでしょうか?

それぞれ個人で立ててもらっている目標はワクワクするものでしょうか?

ドキッとしました。

 

また、聖徳太子を「せいとくたこ」と読むくらいの学力で、どうやって学力を伸ばしていったのか?

というインタビューに対しての答えは

成長を認めて、一緒に喜ぶこと

だと言っていました。

これも、なかなか出来ていません。

 

ワクワクさせる。成長を認めてあげる。

この2つを完全に実現させるのは簡単なことではありませんが、

一緒に喜ぶことだけはすぐに出来そうです。

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も若く働きやすい会社です。