ビリギャルをやる気にさせた方法

勉強する習慣もなかったビリギャルをどうやってやる気にさせて、慶應大学に合格させたのでしょうか?

というインタビューに対して作者の方は

「本人がワクワクする目標」を設定してあげるだけでいい

と言っていました。

ビリギャルの場合は、

慶應ボーイ=イケメン
君みたいなビリギャルが慶應に合格したら超おもしろいよね?

というだけでテンションがあがったそうです。

 

これは企業も同じですよね。

会社の目標は皆がワクワクできるものでしょうか?
社長や一部の人がワクワクしているだけではないでしょうか?

それぞれ個人で立ててもらっている目標はワクワクするものでしょうか?

ドキッとしました。

 

また、聖徳太子を「せいとくたこ」と読むくらいの学力で、どうやって学力を伸ばしていったのか?

というインタビューに対しての答えは

成長を認めて、一緒に喜ぶこと

だと言っていました。

これも、なかなか出来ていません。

 

ワクワクさせる。成長を認めてあげる。

この2つを完全に実現させるのは簡単なことではありませんが、

一緒に喜ぶことだけはすぐに出来そうです。

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
”オシャレ教育事業”のシェアNo.1

年率10%で成長する巨大なアパレルEC市場の中で私達は「メディア」を活用した双方向性のあるECサービスを運営しています。少しでも興味がありましたらご覧くださいませ。

おすすめ戦略本を5冊紹介します
ドラフトの戦略を作る時に役立った

世の中には「経営戦略」に関して書かれた本は沢山ありますが、特におススメの5冊を紹介します。私がドラフトの戦略を作る際にも大変役に立ちました。