「相手の意見は絶対に否定しないリーダー」の職場に起きた変化点とは

ドラフトでは荷物を配送する「物流課」はパートさんが1番多くいる部署です。

その部署でリーダーを務めてくれているのがAさん。実はこの4月から新しくリーダーに立候補してくれました。

このAさんがリーダーをするにあたって、1番最初に考えたのが「自分だったらどんなリーダーが良いか?」だったそうで、出てきた答えが「相手の意見を絶対に否定しない」だったそうです。

Aさんが理想としたのは、誰もが積極的に意見を提案してくれる職場だったんですね。

どんな変化が起きたのか?

毎週1回、物流課では会議をしているのですが「否定しない」を実践した事で意見がどんどん出てくるようになったそうです。

実際にパートさんも「仕事をやらされている感があったが自分達でしているに変わって、やりがいが増している」に意識が変わったそうです。

そうすると改善の効果が現れてきまして、1件あたりの発送単価は着実に前年よりも安くなっています。

素晴らしいリーダーですね。

「相手の意見を絶対に否定しない」

簡単なようで実践するのって難しい。私もAさんの例をみて、見習わなければならないなと反省しました。

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も若く働きやすい会社です。