覚悟のタイムマネジメント

今日は「覚悟のタイムマネジメント」というセミナーに行ってきました。

タイムマネジメントの目的は、限られた時間の中で、いかに成果をあげるか?です。

時間は24時間、全ての人に平等。

限界がある中で、成果を最大化するにはどうすれば良いか?

成果を最大化する第一歩は、1日の時間が何に取られているかを明らかにすること。

そして次にするべきは

①「成果」とは何かを決める
②成果を出すために「必要な事」を書き出す
③必要な事を実行する為の「具体的な行動」を書き出す

文章にしてしまうとたった3行ですが、100%実行出来ている人はかなり少ないと思います。もちろん自分も。

 

また、時間は限られているので「成果を出せない事」は捨てる必要があります。

(集中する、絞り込む。この考え方は何となくランチェスターにも共通するなと思いました)

 

また人間の集中力は20:00以降は下がっていくそうです。

ユニクロの柳井さんは確実に忙しいと思うのですが、毎日19:30には仕事を終えて帰宅するそうです。

なぜ出来るのか?という問いに対して「そう決めているから」という答えでした。

タイムマネジメントが出来ている証拠ですね。

 

今日は4時間のセミナーで、本当に多くの事を学びました。

書ききれない事も沢山あるので、今日の内容を共有するセミナーを社内でも開いて、タイムマネジメントの考えを取り入れたいと思います。

まだまだいろんな事が削減出来ると思います。

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も若く働きやすい会社です。