判断に迷った時、どうするか

毎日仕事をしていると、【どっちが良いかな?】と判断する機会が結構ありますよね。

今まではそんな時に迷ったあげく判断ミスしたり、両方やってみたりという事もありました。

ムダにセールをしたり、広告をたくさんかけてみたり、大量の商品を作ってみたり・・・

誰に何を提供するのかが曖昧だったからです。

 

しかし誰に何を提供するのかを明確にすると、自社がやるべき事、やるべきではない事が判断しやすくなりました。

どっちを選ぶべきかの判断も、自信を持って決定することが出来ます。

 

また、一時的に上手くいかない事があっても、誰に何を提供するのかがしっかりしていれば強化するべきポイント、今何をしなければならないかが見えてきます。

これが戦略を強化していくことに繋がるのだと思います。

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も若く働きやすい会社です。