ランチェスター戦略の優先順位を復習してみよう

ランチェスター戦略は4項目ある

「集中=ランチェスター」と思われがちなんですが、やる事に優先順位があるんです。

1.戦略・目的53%

2.人の配分計画27%

3.戦術と教育13%

4.賃金・昇進制度7%

戦略と目的を明確にする事がいかに大切かがよく分かりますよね。

しかし今日話したいのは「人の配分計画」についてです。

どの仕事に対してどれだけの人を配分するか

ここ数年で弊社はモールの撤退を進めたり、メディアに力を入れたりで人の配分を変えてきました。

その過程で新しいサービスが生まれ今、改めて私たちが人を重点的に配分しなければならないところを見直してみようと考えています。

私達が重点的に配分しなければならない箇所は、

メディア(アクセス数向上)

仕入れ・生産(商品確保)

リピート(顧客育成)

の3つです。

ただし人を増やす前に、無くせる業務はないか?減らせる業務はないか?を洗い出してからですね。

その上で人を増やさなければならないようであれば増やしたいと考えています。

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も若く働きやすい会社です。