NO.1を沢山作る

花王とライオンの1人あたり純利益率は9倍違うそうです。

ところが30年前は、両社ともほぼ同じだったそうです。

何が違いになったかというと、花王はNo.1を沢山作ったのです。

花王のNo.1は石鹸、シャンプー、歯磨き粉、洗剤などなど沢山ありますね。

 

やってる事は同じでも、No.1があるのと無いのでは相当な差がつくのです。

全体でみたら大きな売上だとしても、No.1のカテゴリーが1つも無ければ苦しい戦いになります。

 

例え大きなカテゴリーでのNo.1でなくても、小さなカテゴリーでのNo.1を沢山作る事が大切なんですね。

 

No.2、No.3が沢山あっても利益は出ないのです。

No.1の商品て偶然出来るなんて事はまずなくて、隙間を狙って作らないといけないでしょう。

あと、中小企業の場合は、価格競争でのNo.1は避けるべきですね。

 

これは商品だけでなく、ブログの記事も一緒かなと思いました。

ボリュームのある検索ワードで2ページ目、3ページ目に出てくるよりも、小さなボリュームでも良いから1ページ目に出てくる記事を沢山作るべきです。

小さくても良いからNo.1を作る事が大切です。

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も若く働きやすい会社です。