企業じゃなくて”テーマ”を選んで投資するネット証券が面白い

日本で10年ぶりに出来たネット証券「FOLIO」が面白いなと思ったので書いてみます。

最大の特徴は投資する企業を選ばないこと

株式投資する時って普通は”企業”を選んで株を買いますよね。

しかしFOLIOで投資する際は、”テーマ”を選ぶだけでOKなんです。

「人工知能」とか「ロボット」とか「宇宙開発」といった具合ですね。

テーマさえ選べばあとは自動で関連する企業を10社セレクトしてくれます。

10社に対してどのような比率で資金を配分するかは、AIが自動で都度コントロールしてくれるという訳です。

どんなメリットがあるのか?

例えば、「宇宙開発は今後盛り上がる市場だけど、どの企業に投資すればいいか分からない」といった場合でも簡単に投資が始められるという点です。

投資初心者をターゲットとしたネット証券なのでしょう。購入方法も驚くほど簡単です。

①テーマを選ぶ

②個数を選ぶ(1個10万円)

③カゴに入れて決済する

以上、3ステップです。

指値とか成り行きとかややこしい言葉は一切ありません。まるでネットショップで買い物するような感覚で投資が完了してしまいます。

似たようなサービスは他にもある

しかし実はこれって昔からある投資信託をネットで購入出来るようにして、今風に仕上げただけなんですよね。

こんなサービスが最近流行ってて、FOLIOのようなAIを使った投資関連サービスはいくつかあるんです。

類似サービスをいくつか挙げますと、

yahooの検索数を元に投資するY!jam

世界水準の金融アルゴリズムwealthnavi

お任せ資産運用TEHO

等が有名です。

「AIが判断する投資」って言われると何だか上手くいきそうな気がしてしまうのは私だけではないはず。

そしてその本心は「楽して儲けたい」ではないでしょうか。

そんな人間の心を上手く掴んだサービスですよね。

FOLIOはアプローチの仕方が斬新で、私達のサービスでも参考になるべき箇所が多々あったので取り上げてみました。

サイトを除いてみると他業種の方も参考に出来る点はあると思いますよ。

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
株式会社ドラフト採用情報

年率10%で成長する巨大なアパレルEC市場の中で私達は「メディア」を活用した双方向性ECサービスを運営しています。事業拡大の為、人材を募集しています。

おすすめ戦略本を5冊紹介します
ドラフトの戦略を作る時に役立った

世の中には「経営戦略」に関して書かれた本は沢山ありますが、特におススメの5冊を紹介します。私がドラフトの戦略を作る際にも大変役に立ちました。