プライスイメージ

今日はプライスイメージという事を学びました。

例えばユニクロならボトムは3,000円か4,000円あれば買える。トップスなら1,000円~3,000円で買えます。

お客さんが買い物に行かなくても、あの店なら大体いくらあれば買い物が出来るなと想像が出来るんですね。

3,000円~4,000円のボトムがメインの中で、8,000円代のボトムがあっても、いつも買ってくれているお客さんは戸惑ってしまうのです。

商品を増やしていこうとした時に、プライスゾーンを意識していないと、どんどん価格の幅は広がってしまうでしょう。

今のドラフトは、まだここらへんの徹底が出来ていなかったと思います。

最近は新作を毎日5品出していますが、新作のプライスゾーンをいつも同じにしてあげれば売れていくスピードが早まるしリピートもしやすくなります。

ちょうど出品数を増やそうとしていた時だったのでタイムリーな話題でした。

高級品を売ってる店が、安い商品を増やすのも上手くいかないし、リーズナブルなお店が高級品を出すのも上手くいかない。

「プライスイメージ」大切です。

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も若く働きやすい会社です。