デール・カーネギーの【人を動かす】

デール・カーネギーの【人を動かす】

私の読んだ本の中でもBEST5に入ります。

超有名な本ですが、私が出会ったのは、忘れもしない2007年でした。

東京の電車(京王線)に乗っていた時に、近くにいた見知らぬ人が

「カーネギーの人を動かす、良いよね。これは読んだほうがいいよ」

って話してたのが聞こえてきて

すごく気になって、次の日さっそく買ってきたのですが、とても感動したのを覚えていて、

そこに書いてある、「相手の立場になる」というのは、ドラフトの求める人材像の中でも最も重要な項目になっています。

 

最近、要約版を目にする機会があったのですが、何度見ても勉強になるし反省させられる点があります。

「人を動かす極意」

批判しない、非難しない、文句を言わない

人を批判したり、非難したり文句を言ってもなかなか素直に受け止めない。

たいていの人間は「自分は間違っている」と思っていないからである。

真心を持って素直に褒める

人の「重要人物たらんとする欲求」を満たしてあげる。

相手に強い欲求を起こさせる

お説教や脅しでは、人は本気で動かない。

本人が自らやりたいと思わせる事が大事。

 

「人に好かれる方法」

心からの関心を相手に示す

人は皆、自分に関心を持ってくれる人が好き

優れた聞き役になる

あなたの話、面白いですね。もっと聞かせてください。うなずき。が大切。

相手の関心を探り当て、話題にする

事前の情報収集

 

「対人関係のコツ」

議論は避ける

議論をしてどちらかが勝利したとしても、負けた方は反感を持つ。

議論で勝利を得る方法はを議論をしない事。

相手の誤りを指摘しない

人は理論ではなく感情で動く。話の途中で指摘せず素通りする。

YESと何度も言わせる

会話の最初に相手がYESと口にする話題を次々と取り上げるのが良い。

相手の立場になって考える

争いが収まらない時は、立場を入れ替えて、話をしてみる

人の願望に同情を示す

世の中の4人に3人は同情を求め、同情に飢えている。

 

人間関係の秘訣は、カーネギーに聞け(amazon)
カーネギー

という本が出ているみたいで、「人を動かす」の内容が分かりやすく解説されています。

この要約を読んでまた改めて「人を動かす」を読もうと思いました。

ドラフトの本棚にも置いてあるので、まだ読んでない人は読むときっと人間関係の悩みが解決しますよ!

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「双方向メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も20代と若く働きやすい会社です。