調子が良い時に一気にやるvs毎日コツコツやる

セミナーで聞いたのですが

アメリカ軍隊の訓練にアメリカ大陸横断するというのがあるそうです。

1つのグループは晴れの日は進めるだけ進み、雨の日は休むといった、調子が良い時に一気にやるパターン

もう1つのグループは毎日必ず10マイル進む、コツコツパターン

 

どちらが先に大陸横断するかというと、コツコツパターンだそうです。

これは間違いないなと思いますね。

 

毎日どれだけ進むか決めてないと、人間どうしてもサボりたくなってしまうものです。

 

これは会社の業績も同じで、150%伸びる年もあれば伸びない年もある企業よりも、

毎年10%ずつ成長を続ける企業の方が強いわけです。

 

起業して最初の頃は売上も小さいので、大きく成長する年もあるでしょうが

10年程度の経った企業で、毎年10%づつ成長を続けている企業は安定感があります。

 

投資家のウォーレン・バフェットはそんな企業に投資するそうです。

コツコツ途中で止めないで続ける事が最も強いのでしょう。

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も若く働きやすい会社です。