必要な物を必要なだけ買う精神

在庫の管理については、悩んでいる企業は沢山あると思うのですが、

毎月必要な分は、毎月必要な分だけ購入するというのが理想です。

 

特に私達のようなアパレル業界では、まとめて仕入れれば安くなるといった事や、

時期はずれの商品が安く手に入るなどの理由で

到底売れるような量では無い仕入れを行ってしまう事があります。

服は腐るという事はありませんから、トレンドから外れなければ置いておけるという甘い思いがあるのかもしれません。

 

しかしそんな事を続けていると、必ずロスが発生します。

去年まで私達は、まさにそんな事を続けてきましたが、もうそんな無管理とは決別していくのです。

 

毎月必要な分は、毎月必要な分だけ購入するというのは、管理に手間がかかるし高く仕入れているように見えるかもしれませんが、

余分なものが無いから倉庫も要らないし、在庫管理も手間が減るのです。

在庫と販売管理を今まで以上にキメ細かく管理していくと決めました。

まだまだ見れていない部分があるはずです。

株式会社ドラフト採用情報
成長を続ける「メディア型ECサービス」を一緒に作りませんか?

株式会社ドラフトは男女比が5:5。平均年齢も若く働きやすい会社です。