MEMBERS社員を知る

INTERVIEW

システム企画T.H.

利用者の立場にたってシステムを突きつめていく。

大手監査法人、一般事業会社の経理担当部署を経て、2018年にキャリア採用でジョイン

自身の経験をもとに、社内システムの整備や日々変化する物流現場に対応するべく、最適な仕組みの構築と見直しを行っている。これから迫DX”の波にのり、ITを駆使した顧客との接点づくりを強化できるシステム導入にコミットしている。

一日のスケジュール

  1. 9:30
    出社・朝礼・メールチェック
  2. 10:30
    社内会議
    進行中のプロジェクトの状況報告や、システム導入に向けた確認を行います。
  3. 13:30
    ベンダーとの打合せ
    Web会議システムで、システムの要求定義と実装のための打合せを行います。
  4. 15:30
    資料作成・レビュー
  5. 16:30
    システムテスト
    システム実装前に、正しく動作するかテストを実施します。

Question.1現在の仕事内容は?

社内システムがどうあるべきか考え、システム企画、ベンダー選定、導入サポート、ヘルプデスクを担当しています。商品在庫管理システム、商品ページ、決済システムとの連携・サイトクオリティ向上のためのカスタマイズを行ったり、物流システム導入を通して現場の仕組みの構築と見直しを繰り返したりと、IT技術を駆使して社内の幅広い分野をシステムを通じてサポートしています。

Question.2 やりがいを感じた体験談は?

入社後すぐ社内セキュリティルールの策定とインフラ整備を担当しました。社内ルールはイチから策定する必要がありましたが、効率よく安全に利用してもらうための体制を提案することができました。説明や理解度チェックを実施し、全社からコンセンサスを得たことで、思い描いた形を実現することができました。

Question.3ドラフトで働く上での目標は?

お客様や社内ユーザなど、利用者の立場に立って満足してもらえるシステムやサービスを提供することを目標としています。そのためにも常に“相手の立場になって”物事を考えることを意識しています。まだ切り込めていない部分も、システムの力を使ってサービス向上に努めてきたいです。将来的にはお客様の特性から自動でコーディネートを提案する“スタイリスト”機能を実現させ、スケールさせたいですね。

同じ職種を目指す方へのメッセージ

ECから物流に至るまで、会社全体の“システム”を担当する部署で、企画・要件定義から導入に至るまでの上流工程を担当することになります。

システムを取り扱って“戦略家”として「自分でアイデアを提案し、それをシステムで企画・実行してみたい」という方をお待ちしています!