なぜ今のタイミングで物流システムの導入なのか?

弊社では発送業務を全て自社で行なっています。

「伝票を出して1オーダーずつピッキングし、別の人がダブルチェックする」

発送の方法としては最もシンプルなやり方です。

ずっと改善を続けてきたおかげで、発送ミス率は0.029%。発送1件あたりにかかる時間も年々向上しています。

しかし、今年は改善スピードが発送量の増加に追いつかなくなってしまいました。

ここから先はシステム化していく事を決めた

発送量について、去年まではこんな感じでした。

モールの減少≒自社サイトの伸び

なので発送量の増え方としては緩やかだったと言えます。

ところが今年は、モールは下がりきった状態なのでこれ以上は減りません。つまり、自社サイトの伸びがそのまま物量の増加に繋がるんです。

ずっと売上が伸び続けている企業でしたら、当然のことなのでしっかりと準備をしているでしょう。

もちろん、私たちも増える事を見越して、採用を増やしたり準備はしていたんです。

ところが3月、4月は発送量が計画よりも多くなり、パンクしそうになりました。

なぜ今のタイミングでシステムを導入するのか

おそらくここから先は2つのやり方があります。

①今のやり方を継続、人海戦術で行く

②システムを導入し、効率化する

実は今までも「システムを導入した方が良いんじゃないか?」というタイミングがありました。

その時になぜシステムを入れなかったのかというと、こんな風に考えていたからです。

システム導入コスト>人材採用コスト

ところが今後、発送量の増え方が多くなってくると以下のようになる。

システム導入コスト<人材採用コスト

システム導入を決めたからには年内には完了させたいです。冬の繁忙期に間に合わせるように。

どんなシステムにしたいのかはもう決めてあるんです。

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
株式会社ドラフト採用情報

仕事は人生の3分の1の時間を占めます。だからこそ「仕事が楽しい」のは幸せな事。私達と一緒に楽しい仕事をしませんか?