せっかく考えた差別化が、マネされないようにするには?

苦労して作り上げた自社の強み

しばらくすると競合に真似された・・・

なんて事はよくあると思います。

 

例えば「美味しいサンドイッチ」が強みだったとします。

おそらく1年~2年は美味しいサンドイッチは強みとなってくれるでしょう。

しかし必ずマネをしてくるお店が出てきます。

しかも大抵はさらに安い値段で。

 

簡単にマネされない強みを作るにはどうしたら良いのでしょうか?

 

例えばトヨタの強みの1つに「品質」があります。

しかしなぜか、どのメーカーもトヨタの品質をマネ出来ないのです。

その理由は、「改善を続ける文化」という資産があるからです。

 

例えばモスバーガーの強みの1つは「メニューの豊富さ」です。(調べてみるとマクドナルドの14品に対して倍近くの31品あります)

マネ出来ない理由は「複雑なオペレーションが出来る人材、教育の仕組み」という資産があるからです。

 

マネされない強みというのは、必ず自社の資産から構成されています。

企業の資産というのは、そう簡単にマネする事は出来ないのです。

 

自社の強みがマネされたくないのであれば、自社の資産を強化していくしかありません。(資産の例として、企業文化や人材、複雑なオペレーション、店舗の多さ、ブランド力などがあります)

 

仲良くさせてもらってる経営者の先輩にボンタグループの斎藤社長がいまして、いつもカッコよくて昔から尊敬しているのですが、

ボンタグループさんが先日15週年を迎えられたそうで、おめでとうございます!!

100社が起業して5年後に生き残り、黒字の会社って4社しかないそうです。

そんな厳しい競争の中で15週年というのは本当に凄いです。

そんなボンタグループさんの資産は、ブランド力と人材力ではないかと密かに思っています。(簡単にはマネ出来ない)

ボンタグループのお店に行くとなぜか、「俺いい店知ってるだろ」的な優越感が出てくるんです。

だから県外からのお客さんや友人を連れて行く時はボンタグループのお店に行く事が多いです。

またボンタグループさんは西武でのビアガーデンなど、いろんなところからの引き合いが強いです。

どうしてそうなるかというと斎藤社長のセンスで作り上げたブランド力と、人材力から出てくる強みがあるからだと思うのです。

 

自社の資産を創り、強みを強化していく事は社長の大切な仕事の1つであると最近気づきました。

そして自社の資産と強みを理解した人材を増やし、どんどん深掘りしていく事がNo.1に近づく方法なのだと思っています。

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
”オシャレ教育事業”のシェアNo.1

年率10%で成長する巨大なアパレルEC市場の中で私達は「メディア」を活用した双方向性のあるECサービスを運営しています。少しでも興味がありましたらご覧くださいませ。

おすすめ戦略本を5冊紹介します
ドラフトの戦略を作る時に役立った

世の中には「経営戦略」に関して書かれた本は沢山ありますが、特におススメの5冊を紹介します。私がドラフトの戦略を作る際にも大変役に立ちました。