アメリカECにおけるAmazonのシェアは49%もある

LINEで送る
Pocket

タイトルの通りなのですが、驚異的ですよね。売上にすると26兆円。

2位ebayのシェア6.6%と比べても段違いです。

最初は本だけだったamazon

Amazonがこれほどまでに爆発的な成長が出来たのは「マーケットプレース」と呼ばれる、Amazon以外の業者が販売できるシステムが出来てからです。

この「マーケットプレース」が売上全体の68%を占めていると言われています。

データ参照:Techcrunch

なぜ皆がマーケットプレースに出店するのか?

通販を始める時にネックとなるのが「在庫をどこにおくか?」「発送はどうやるか?」です。

そこをアマゾンはFBA(フルフィルメント・バイ・アマゾン)というサービスで倉庫・在庫管理・発送まで全てを行ってくれます。

つまり出品者側は仕入れて売るだけでOK。

商品さえあればすぐに通販が始められるのです。

楽天のようにお店のページを作ったり、年間60万円もの出店料を払わなくて良いのですから最初の1歩が踏み出しやすいですね。

それに加えてamazonの優れた決済システムと、amazonの顧客が手に入る訳ですから。

増加するデス・バイ・アマゾン

アメリカでは百貨店、書籍チェーンや事務用品、家具、アパレルと、ありとあらゆる小売企業がアマゾンの影響を受け、軒並み減収や赤字になっています。

この流れは必ず日本にも来るでしょう。

また、それだけでなく、AWS(レンタルサーバー)、amazon prime(ビデオレンタル、CDレンタル)、amazonペイ(クレジット決済)など、小売以外の事業にも進出を始めています。

とても本屋から始まったとは思えない。

アマゾンに殺されないように、常に意識しておく必要があるのです。

LINEで送る
Pocket

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
株式会社ドラフト採用情報

仕事は人生の3分の1の時間を占めます。だからこそ「仕事が楽しい」のは幸せな事。私達と一緒に楽しい仕事をしませんか?