仕事中に音楽を流すのは能率に影響を与える?科学的に立証されました

2007年にイギリスの大学が40人の被験者に対して以下の環境で認知テストを受けさせたそうです。

1.テンポの速い曲がBGMに流れている
2.ゆったりした曲がBGMに流れている
3.環境音がBGMに流れている
4.完全な無音

テスト結果は以下の通り。

・テンポの速い曲 脳のパフォーマンス大DOWN

・ゆったりした曲 脳のパフォーマンス中DOWN

・環境音 脳のパフォーマンス小DOWN

・もっとも成績が良かったのは無音状態

効率的には無音が1番良いということですね。

自分の立場で考えてみると簡単です。

「大学受験のテスト中や、何年も勉強した資格のテスト中に音楽を流して欲しいかどうか?」

やめて欲しいですよね。

そもそも人間の脳はマルチタスクができない

作業をしながらBGMを聞くと、脳が無意識に音楽のほうへリソースを割いてしまい、結果として作業の効率は低下するという訳です。

また、BGMを聞きながらだと文章を読むプロセスも妨げ、記憶力も下げてしまうんだそうですよ。

ハーバービジネスオンラインの記事に詳しく載っています。

ちなみにドラフトでは

仕事中は皆んな集中しているので静かです。

ただ静かすぎるとなんだか気まずいという声があり、「Prime Music」で川の音や鳥の声などの自然音を流しています。

いろいろ試しましたがネイチャー・サウンド・ギャラリーが一番おすすめです。(影響が少なそうという意味で)

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
株式会社ドラフト採用情報

仕事は人生の3分の1の時間を占めます。だからこそ「仕事が楽しい」のは幸せな事。私達と一緒に楽しい仕事をしませんか?