経営戦略がハードなら、人材教育はソフトである

今日はドリームワークスさんの山内社長による幹部研修の日でした。

今年の頭から全9回でやってきて、今日はいよいよ最後。

テーマは「人材育成」についてでした。

人事評価する時に、より高評価なのは「期待通りの事をやってきた人」よりも「期待を超えてきた人」です。

おそらくどの企業も「期待を超えてくる人」を沢山作りたいはずですよね。

 

私達はちょうど今、どうやったら「期待を超えてくる人」が沢山出てくる会社に出来るのかな?

上司としてどんな事をしてあげたら良いのかな?という事に悩んでいたので、まさに今欲しい内容でした。

 

今日の研修で1番勉強になったのは、

上司が1番に求めている事と、本人が1番に求められていると思っている事が、ズレてるという事でした。

これ皆さんやってみると、おそらくズレてしまってる人がいます。

これ1番に優先して欲しいんだけどというのが、本人からすると2番目とか3番目になっている場合があります。

そんな場合、どのようにして優先順位を擦り合わせていけばよいのか、具体的に指導をして頂きました。

おかげ様でやるべき事が明確になり、すぐに行動に移せそうです。

今日で最終回というのが、寂しいと思うくらい毎回充実した内容でした。

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
”オシャレ教育事業”のシェアNo.1

年率10%で成長する巨大なアパレルEC市場の中で私達は「メディア」を活用した双方向性のあるECサービスを運営しています。少しでも興味がありましたらご覧くださいませ。

おすすめ戦略本を5冊紹介します
ドラフトの戦略を作る時に役立った

世の中には「経営戦略」に関して書かれた本は沢山ありますが、特におススメの5冊を紹介します。私がドラフトの戦略を作る際にも大変役に立ちました。