楽天のメルマガ値上げ、チャットツール提供について考えてみた

LINEで送る
Pocket

楽天に出店しているところへ、こんな通知が届いていると思います。

今日はその中身について書きます。

メルマガの変更について

変更点1

楽天では週に1回は無料でメルマガが送れるのですが、対象者が変更になるようです。

変更前:メール開封から1年以内、もしくはメール購読から6ヶ月以内の方

変更後:メール開封から半年以内、もしくはメール購読から3ヶ月以内の方

変更点2

それ以外のメルマガに関しては有料なのですが、1通あたりの単価が変わります。

0.75円/通→1円/通

全体として値上げですよね。

なぜこのような事をするかというと、担当の方がおっしゃるには「楽天全体のメルマガの配信件数を減らすため」だそうです。

楽天で1人のユーザーがビールを買って、化粧品を買って、服を買って、家具を買ってとすると、それぞれのお店からメルマガが届きます。

受け手からすると、名前も覚えていないお店からそんなに沢山のメルマガがくるのは困りますよね。

なぜそんな風になってしまうのか?

これは私達も楽天に出店しているから分かるのですが、店舗のトップページにくるお客様って、実は全体のアクセスの20%くらいなんですよ。

ほとんどのお客様が検索して商品を見て、また検索ページに戻ってという行動を取るからなんです。

これではお店の名前はなかなか覚えてもらえませんよね。だから客単価も低くなっちゃう。

新サービスの開始

値上げのニュースだけでは・・・ということで新しいメールマーケティングのサービスが始まるそうです。

その名も「R-Message」

内容はというと、

①閲覧した商品や購買データを元に、楽天が配信するメルマガでお客様にパーソナライズされた商品を提案する。

②店舗側が設定した条件で自動でメールが送れるステップメール機能

これはなかなか便利です。

ただし、1クリック100円します。

ちょっと計算してみましょう。

100人がクリックすると費用が1万円。

100人のうち5%の方が4000円の物を買ったとすると2万円の売上。

原価率50%とすると、粗利が1万円。

これでトントンの計算です。

これが上手くいくかどうかはやってみないと分かりません。

そしてメルマガからの購入があったかどうか、計測できるかどうかも分かりません。

楽天もチャット始めた

私達もLINE@を使ってチャットサービスを行っていますが、楽天でも導入されるそうです。

月額固定費用 5千円

100会話以上は10円/会話

(私達がもし楽天のチャットで現在のサービスをやっていたとすると、月に1万会話は余裕で超えるので10万円以上の費用が発生することになります)

チャットの導入は今までになかった新しい業務になるので、導入する店舗がどれくらいあるのか、私もとても興味があります。

今回の変更で私達に影響はない

弊社でも楽天に出店していますが、現在はメルマガも送っていませんし、チャットも導入するつもりはないので特に影響はありません。

今回の変更が店舗にとってプラスかマイナスかは置いておいて、モール側の決定に従うしかないというのがモール出店の辛いところです。

それでも楽天に出店するのは、それだけ集客力があるからなんでしょうね。

ドラフト、楽天やめるのをやめるってよ

2017.12.22
LINEで送る
Pocket

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
株式会社ドラフト採用情報

仕事は人生の3分の1の時間を占めます。だからこそ「仕事が楽しい」のは幸せな事。私達と一緒に楽しい仕事をしませんか?