⑥ドラフトで働くならば知っておくべき5つの数字

LINEで送る
Pocket

必ず覚えて欲しい数字は「売上 原価 粗利益 販管費 営業利益」の5つ。

5つの数字が理解出来れば経営の事が分かるようになるし、企業の良し悪しが数字で判断できるようになります。

仕事が楽しくなります。良いアイディアが思いつくようになります。

さっそく始めましょう。

*売上100 原価40 販管費50とする

LESSON1 原価と粗利益

「粗利益」の求め方

売上ー原価=粗利益 

売上100ー原価40=粗利益60

「粗利益率」の求め方

粗利益÷売上

粗利益60÷売上100=60%

「原価率」の求め方

原価÷売上

原価40÷売上100=40%

※粗利益率と原価率の合計は必ず100%になる

LESSON2 販管費と営業利益

「営業利益」の求め方

粗利益ー販管費=営業利益

粗利益60ー販管費50=営業利益10
販管費って何?
”販売管理費”の略称で、
人件費
広告費
各種手数料
送料
水道光熱、通信費
備品消耗品
など原価以外の費用を指す。

「営業利益率」の求め方

営業利益÷売上

営業利益10÷売上100=10%

以上、5つの数字が理解出来ていないと、社内の会話についてこられなくなる→楽しくなくなってしまうでしょう。

分からないところがある人は必ず周りの先輩メンバーに質問してみて下さいね。

数字を戦略と合わせて理解する

5つの数字自体は、そんなに難しくはありません。きっと小学生でも出来るでしょう。

重要なのは、戦略と合わせて理解することなんです。

ドラフトに入社した人は、全員が戦略を学ぶようになっていますが、

①ドラフトがなぜ伸びる企業なのか?戦略を説明します

2018.08.28

戦略と5つの数字を合わせて理解することで、本当に役に立つ知識になるのです。

例えばこんな事が分かるようになる

売上を100とした場合

粗利益30の企業

粗利益60の企業

どっちが良いか?

ドラフトのメンバーならこう応えます。

「それは戦略による」

つまり、こういうこと

粗利益30ー販管費20=営業利益10
【安さの戦略】 は、粗利を低くする為に販管費を抑える。

粗利益60ー販管費50=営業利益10
【他にない、密着戦略】 は、粗利を高くする為に販管費をかける。

戦略のない企業のよくある失敗パターン
粗利益30ー販管費28=営業利益2

粗利率をどう設定するか?販管費率をどう設定するか?

これを考えるのが戦略であり、経営という業務の1つなのです。

ドラフトの戦略もよく分かる

ドラフトでは「売上 原価 粗利益 販管費 営業利益」の5つが全員に共有されていますから、皆さん自身が経営目線で判断が出来るようになるんです。

ドラフトのことがより深く理解できます。

やっている仕事の意味、大切さが分かります。良いアイディアが生まれるようになりますし、良い仕事が出来るようになります。

もちろん仕事も楽しくなります。

そして、意識が変わります。

意識が変われば行動が変わる

行動が変われば習慣が変わる

習慣が変われば人格が変わる

人格が変われば運命が変わる

という有名な言葉がありますが、一緒に働く仲間全員が「戦略と数字」を合わせて理解することで、すごいパワーが生まれるのです。

全員がこのレベルまで理解している企業はそうそうないでしょう。

どれだけ手間がかかろうが、やります。

「全員精鋭」を実現する為に。

LINEで送る
Pocket

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
株式会社ドラフト採用情報

仕事は人生の3分の1の時間を占めます。だからこそ「仕事が楽しい」のは幸せな事。私達と一緒に楽しい仕事をしませんか?