成果を上げる営業マンの共通点

LINEで送る
Pocket

「営業なんて差別化にならない」は大きな間違い

先日のブログで書いたのですが、商品、テクニック、テクノロジーで差別化してもすぐにコピーされる時代です。

これからの時代、どんな人材が求められているのか?答えは「100の3乗」

2018.08.20

どんなサービスも、商品も、システムも大差ない。

これって営業マンからすると、すごく売りづらい状況です。

しかしこのような状況の中でも、バリバリ成果を出す営業マンがいるのは事実。

皆さんの会社にも沢山の営業マンが来られると思います。

その中に「この人と取引したいな」と思う営業マンがいませんか?

その共通点を私なりに書いてみます

営業先を好きになれるかどうか?

これに尽きると思います。

営業に行く前にHP等を見て、しっかり下調べをする。

もちろんそんな事ほとんどの営業マンがやっているでしょうが、出来る営業マンはそのレベルが違うんですよ。

これは先日あった出来事ですが、「営業マン」、「外部の方」、「私達」の三者で会う機会がありました。

その時に外部の方から「どうして社長は車を遠いところに停めてるんですか?」という質問があったんです。

もちろん弊社の仲間であればその理由を答えられるでしょうが、

なんとその営業マンが普通に理由を答えてましたからね。

おそらくこの記事を読んでくれたんだと思いますが、書いたのは半年以上前ですよ。

役職が上の者から遠い駐車場に。「立場」で謙虚さを無くしてしまわないために

2018.01.10

「すごいな!」と同時に、「ああ、この人はウチの事が好きなんだな」と思いますよね。

そうすると、こちらも一生懸命話しを聞きますよ。

その後、実際に取引が始まりましたし、今後も新しい取引をすることになると思います。

おそらくこの方は、他の企業へ営業する時も同じ様にしているのだと思います。

適当に目星をつけて営業に行くよりも、1社をキッチリ調べてから営業に行った方が結局は成功率が高いでしょうね。

商品じゃなくて自分を売り込む

どこかで聞いたことあるような言葉ですが、「この人出来るな」と思う営業マンに会う度に思うことです。

人間力があるんですよね。

素直だし、謙虚だし、勉強熱心です。

そんな人だからこそ、知り合いを紹介してあげたくなる。

皆さんもきっとそんな経験、あると思うんですよ。

だから出来る営業マンはいつも成果を上げるんです。

「人間力のある営業マン」は強みになる

「商品やサービスでは他社と差別化するのが難しい」

そんな状況だからこそ、人間力のある営業マンは強い差別化になるんです。

そして、人間力のある営業マンを育てられる”仕組み”や”企業文化”がある会社は、どんどん伸びるでしょうね。

そして、マネされにくい。

「商品やサービスでは差別化出来ない」と悩んでいるなら、自信を持って営業マンの育成をすればいいんじゃないでしょうか。

めちゃくちゃ強い企業になると思いますよ。

LINEで送る
Pocket

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
株式会社ドラフト採用情報

仕事は人生の3分の1の時間を占めます。だからこそ「仕事が楽しい」のは幸せな事。私達と一緒に楽しい仕事をしませんか?