「料理動画クラシル」が食材の通販始めるそうですよ(クックパッド株のその後)

LINEで送る
Pocket

去年の5月にこんな記事を書きました。(そして私は株を買いました)

「クックパッドの株は今が買い」と思う理由を説明します

2017.05.26

その後、株価は下がり続けています。

そんな訳で、クックパッドのレシピがそのまま作れる食材通販を始めたらどうかと書いてたんですが、

クックパッドの競合である「料理動画のクラシル」がyahooの子会社になることで、通販に挑戦するそうです。

新生delyはこれから、モノを売り、1兆円企業をめざす

ぜひ、応援したい挑戦です。

食品のネット化率は3%しかない

事務用品、文房具、家電などはネット化率が30%を超えています。洋服でも13%くらい。

だけど食品は鮮度の問題などもあって、ネット化率が低いままなんです。

しかし、今後食品もネットで買うという時代は必ず来ますよ。

献立を考えるのがめんどくさい

クックパッドもクラシルも、そんな悩みを解決するようなサービスです。

そこに「食材も買いに行かなくても良い」というサービスはきっと喜ばれます。

例えばこんな感じです。

前日か当日の朝にクラシルを見て、食べたい献立を決める。

父、母、子供の3人家族という情報だけ登録しておけば、翌日の夕方には必要な食材が届く。

要望があれば食材は事前にカットしてもらえる。

動画を見ながら作る。

めちゃくちゃ楽ですよね。

30年前からこういった事をやってる企業がある

我が家も使ってますが、ヨシケイは30年も前からリアルで食材の宅配をやってるんですよ。

30年前からamazonネットスーパーのはるか上をいく「ヨシケイ」

2017.05.25

食材を小分けにしたり、自宅まで届けるネットワークが既に構築されているので、ヨシケイと提携すればクラシルの構想は一気に進むでしょう。

ヨシケイとクラシルが組めば、

週の予算と人数を設定すれば1週間分の献立をAIで提案

提案した献立に必要な食材をお届けする

届いた後は動画を見ながら作るだけ。

なんてことも可能です。

この提携、最強じゃないですか。

ちょっと計算してみた

4人家族が月に10日分の食材を購入した場合

夕食の食材費2,000円×10日=20,000円

クラシルのアプリDL数が1200万で、その内の5%が利用したとすると

20,000円60万=月商120億円

これはamazonでも出来ない。

スーパーでやったら受けるかも

ネットだけでなく、スーパーでもこういった事をやってもいいと思うんですよね。

スーパーの食材コーナーに大きなモニターを置いて、動画で作り方を流しておく。

周りに人数別で小分けされたカット食材を置いておく。

みたいな工夫を今からしておかないと、ネット化率が高くなったから動いたのでは遅い気がします。

LINEで送る
Pocket

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
株式会社ドラフト採用情報

仕事は人生の3分の1の時間を占めます。だからこそ「仕事が楽しい」のは幸せな事。私達と一緒に楽しい仕事をしませんか?