コンテンツを内製するか外注するかの判断

LINEで送る
Pocket

ドラフトではブログ、動画、チャットなどコンテンツに関する部分は全て内製化しています。

しかし、もっとコンテンツを充実させようという時にいつも出てくるのが「外注しようかな?」なんですよ。

内製、外注、それぞれに良い部分はありますが、今日は面白い話を聞いてきたので紹介します。

クラシルとデリッシュキッチン

どちらも料理動画の企業で、過去にも取り上げた事があります。

料理動画サービスはクックパッドの脅威になるのか?

2017.03.30

両社はライバル同士なのですが、クラシルは月間アクティブユーザー数で年内にクックパッドを追い抜く勢いだそうです。

この勢いの違いは何が理由なのか?

クラシルは動画を内製している

デリッシュキッチンは動画を外注している

という違いがあるそうです。もちろんこれだけが直接の原因ではないと思いますが、コンテンツを内製することで得るものは大きいです。

この事例を知って、私達もコンテンツは今後も内製しようと決めました。

魅力的で成果が出せるコンテンツが作れるって強みです。

動画の力はすごい。これからは動画だ。

以前から言われていることですが、クラシルの事例を聞いてさらに実感しました。

立上げて2年でレシピサービスの王者クックパッドの月間アクティブユーザーを追い抜こうとしているのですから。

見る方は動画の方が便利だってことですよね。

クックパッドのユーザーがクラシルに移っていってるそうですよ。

私達も2年前から動画をやりだしましたが、ノウハウをどんどん蓄積しています。

これもすごい強みになるのです。

LINEで送る
Pocket

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
株式会社ドラフト採用情報

仕事は人生の3分の1の時間を占めます。だからこそ「仕事が楽しい」のは幸せな事。私達と一緒に楽しい仕事をしませんか?