モールの売り上げが下がっているのはなぜ?

同業者の方と話をしていると、モールの売上が伸びなくなってきた・・・

って声をたまに聞きます。

私なりに、どうしてなのか?考えてみました。

 

まず売上を上げていく方法ですが、来店してくれるお客さんの数を増やさなければいけません。

方法としては2つしかなくて、新規客を増やすか、リピーターを増やすかです。

 

売上が伸び悩んでいる、もしくは下がっているという事は、

流出客>新規客となっている可能性があります。

 

どうしてこんな風になってしまったのかというと、

今まではモールが出来たばっかりで、モール自体のお客さんがどんどん増えていました。

なので意識しなくても新規客>固定客となっていたのでしょう。

結果、売上は増えていく。

 

ところが、国内においてはモール自体の新規客も伸び悩むようになってきたのだと考えられます。

モールを利用するユーザーはかなり増えましたからね。

 

「何もしなくても新規客が増えていた」という時代は終わったのです。

モールでの売上を伸ばしていこうと思ったら、お客さんが他店に流出しないように努力をしなければいけないのです。

今までのように、新規客がどんどん増えるなんて事は無いのですから。

 

と同時に、今までネットで買わなかったユーザーを取り込んでいく事も必要です。

(日本は、ネット化率が全体の10%未満)

なぜネットで買わないのか?どこに不安を抱えているのか?

調査して解決していく必要があるのです。

 

私達の様なアパレルの場合は、圧倒的に「試着できないからサイズが分からない」という理由です。

ちょうど今、サイズに関するサービスを充実させようとしていて、

これが完成すれば日本のメンズ・アパレル通販で日本一サイズが分かりやすいサイトになれると思います。

すごくアナログな方法ですが、手間がかかるのでどこもやっていない方法です。

なので投資はしなくてもいいです。

形になったら、また紹介したいと思います。

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
”オシャレ教育事業”のシェアNo.1

年率10%で成長する巨大なアパレルEC市場の中で私達は「メディア」を活用した双方向性のあるECサービスを運営しています。少しでも興味がありましたらご覧くださいませ。

おすすめ戦略本を5冊紹介します
ドラフトの戦略を作る時に役立った

世の中には「経営戦略」に関して書かれた本は沢山ありますが、特におススメの5冊を紹介します。私がドラフトの戦略を作る際にも大変役に立ちました。