必見!戦略の大切さがよく分かる消費者目線の生の声

LINEで送る
Pocket

昨日アルビスの事を書きましたが

スーパーマーケット「アルビス」の粗利率が高い理由

2018.11.01

同級生からこんなコメントをもらいました。

アルビス、我が家から近いから利用するけど、全体的に割高な気がする(-_-)

ガソリン代と時間がもったいないって考えて、近くの‼️って思うから行くけど・・・・って、コレが作戦か~⁉️⁉️

近くにバローが出来たら、そっち行くな~🤓(笑)

実際に粗利率が低い(割安)なのはバロー。だけど近いからアルビスに行く。

この生の声にはとっても重要な考え方が詰まってます。

人が何かを買う時の3つの理由

人が何かを買う時の理由は「安い」「他にない」「近い」です。

で、これは私の感覚なのですが「近い」っていうのは3つの中でも特に強い。

分かりやすい例だと、コンビニって割高だけど近くで便利だからよく行きますよね。

その上で「安さ」が加わるとさらに嬉しい。

「近くにバローが出来たら、そっち行くな~」

という訳です。

アルビスはバローとどう戦えばいいんだ?

アルビス年商800億円、バロー年商5200億円。規模は6倍以上違います。

つまり、アルビスの近くにバローが出来てもおかしくない。

近さ(店舗数)、安さ、そして規模でも負けているアルビスはどうすればいいんだ!?

バローが近くにあったとしても、アルビスで買ってもらう理由を考えるしかない。

それが戦略を考えるってことなんですよ。

「近い」には2種類ある

人が何かを買う理由の中でも「近い」には2つの意味があります。

1つはお店が近いなどの物理的な近さ。

そしてもう1つは”心の近さ”

この実例に関してもとっても良いコメントをくれました(天才か!)

話は少しずれるけど、

アルビス、スタッフさん挨拶もしてくれるし、いい気分で買い物できるからこれからももちろん行くけど・・・

今年2月の大雪の時、私達団地は雪捨てる場所もなくて、車が出られなくなるから早めに大通りに面してる駐車場(お店の駐車場など)が色々開放してくれて😆皆移動🚙したんだけど、本当に助かったの‼️🤩

けどアルビスは『停めるな』と貼り紙、店員さんの見回り(>_<)

無駄にあいてる駐車場見て、『いつもこのへんのご近所さんが利用してるんだから、こんな時くらい協力しあいましょうよ~😭』と思ったのは事実・・・

食品を扱うお店だから仕方ない‼️とも思うけど、なんか冷たい印象を受けた😞いろいろ理由はあったんだろうね🙂単純な私はそのままストレートに受け止めるから😅

電気屋Joshinは早くから除雪入れて、皆に開放してた😍もちろん、私達も停めさせてもらって~

今では電化製品は絶対Joshinで買う‼️ちょっと他より高くてもJoshin👍

こてこての田舎ならではの意見でした~(笑)

と言う事があったので、近くにバローが出来たらそっちへ行く😆

あっこで開放してたら、バローが出来ても少し高めのアルビスでも行ったなぁ~(笑)

なんか人がピンチの時って、大した事じゃなくても良いも悪いも強く印象ついちゃうのよね😅

”心の近さ”って目に見えないから、軽視されがちだけど、磨き上げれば立派な”買う理由”になるんですよ。

そしてなかなか真似できない。

LINEで送る
Pocket

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
株式会社ドラフト採用情報

仕事は人生の3分の1の時間を占めます。だからこそ「仕事が楽しい」のは幸せな事。私達と一緒に楽しい仕事をしませんか?