良い子、悪い子、普通の子。企業が優先して育成すべきなのは?

LINEで送る
Pocket

先日、横浜のとある勉強会で聞いてきた内容です。

”一般的に“企業ではこんな割合で人材がいると言われています。

優秀2:普通6:非優秀2

(もちろんそうじゃない企業もあるでしょうが)

こんな考えの企業は失敗する

優秀な2割を育成し、非優秀な2割を排除しようとする。

効率を考えると合ってそうですが、結果はこうなるそうです。

優秀な2割から辞めていく。

実力をつけて転職していくという訳ですね。あと、社内の空気も悪くなるでしょう。

だから理想はボトムアップ。

決して見捨ててはいけないということですよ。

大変だけど、続けていくと結果的に優秀な社員が採用できるようになる。

一見遠回りのようですが実は近道なんですね。

ドラフトはもちろん全員を育成する方針。

皆んな優秀で人間力があり、それぞれ良いところがあります。

LINEで送る
Pocket

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
株式会社ドラフト採用情報

仕事は人生の3分の1の時間を占めます。だからこそ「仕事が楽しい」のは幸せな事。私達と一緒に楽しい仕事をしませんか?