小学校の時、通知表で父親に怒られたこと

LINEで送る
Pocket

今年ももう残すところ1ヶ月ですね。

12月は小学校で通知表をもらうらしく、パートさんとそんな話で盛り上がっていました。

その中で「私達が高学年になった頃から通知表が変わった」ことを思い出しました。

ハッキリとは覚えていないのですが、

学習項目と生活態度項目に分かれていて、それぞれに項目が沢山あるんですよ。

・漢字が正しく書ける

・計算が正しくできる

・観察、実験に興味を持つ

みたいな感じで。

それを「◎」「◯」「△」と3段階で評価してました。

単純に国語5 算数4 とかじゃないので正直言って”分かりにくい”と感じたのを覚えています。

父親に唯一怒られた項目

そんな訳で今まではなかった「生活態度」的なものも評価項目として追加されたのですがその中で唯一、父親に怒られた項目があるんです。

それは「相手の気持ちになった行動が出来る」という項目。

私はずっと「△」の評価しかとれなくて「これが1番大事なんだ。絶対に◎をとれ」と言われたのです。

それ以来、自分の今までの行動を見直す機会が増えました。小学校6年生の最後の通知表で初めて「◎」がとれて褒められたのを今でも覚えています。

ドラフトの求める人間像には「相手の立場になる」というのが入っているのは、今思い返すとあの時の通知表があったからなんだろうなと、ふと懐かしくなりました。

②「こんな人と一緒に働きたい!」ドラフトが求める3つの人間像

2018.08.27
LINEで送る
Pocket

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
株式会社ドラフト採用情報

仕事は人生の3分の1の時間を占めます。だからこそ「仕事が楽しい」のは幸せな事。私達と一緒に楽しい仕事をしませんか?