叱り方4つのコツ

1ヶ月くらい前に人事総務のH野課長が叱り方の4つのコツを話してくれました。

・人格を否定しない

・長く叱らない

・人と比べない

・後で必ずフォローする

どれも気をつけていないと、ついついやってしまいそうなことですよね。

なので、そうならないためのコツをまとめてみました。

1.大声を出さない

ミスをした部下に注意したけど、聞いてるのか聞いてないのか分からない。何度も同じミスをする。

こんな時にカッとなってしまうのは人間ならば誰だってあることですよね。

しかし、怒りにまかせて相手を大声で怒鳴るのはやらない方が良いです。

「大声を出した」という行為を自分の脳が認識しアドレナリンを放出し興奮してしまうそうです。

人格否定したり、長く叱ってしまうのはこういう時。

だから怒鳴りたい気持ちをぐっとこらえて、冷静さを取り戻すまで叱る行為は控えた方が良いってことですね。

感情的になっても、相手には届かないですしね。

2.叱る目的を忘れない

目的が「怒ること」になっている。

これ、ありがちです。

「素直になってもらい、同じミスをしないように気付きを得てもらうこと」

これこそが叱る目的でしょう。

これ、子供に叱るときもおなじだ

書いていて思ったのですが、子供に叱る時も同じですね。

良い気付きをありがとうございます。

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
株式会社ドラフト採用情報

仕事は人生の3分の1の時間を占めます。だからこそ「仕事が楽しい」のは幸せな事。私達と一緒に楽しい仕事をしませんか?