人間の本質に迫るゲーム理論と行動経済学

LINEで送る
Pocket

「ゲーム理論」

経済学を学んだ事ある方なら1度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

経済学では”人間は合理的な行動をとる”と定義づけれれていますが、ゲーム理論はそれを否定する考え方です。

ゲーム理論とは?

X君とY君が取り調べを受けています。

X君 2人とも黙秘するなら懲役2年 自白したら自分は懲役1年、Y君は懲役20年
Y君 2人とも黙秘するなら懲役2年 自白したら自分は懲役1年、X君は懲役20年

2人が同じ部屋で取り調べを受けているなら黙秘を続けると思うのですが、別々の部屋で取り調べをされたらどうでしょうか?

人間が合理的な行動だけをとる生き物ならば自白するでしょう。

しかし実際は黙秘するか悩む人も多い。

とは言え「自分が黙秘を続けていると、相手が先に自白して自分だけ懲役20年になるかも」という葛藤。

人間は実際はどんな行動をとるのか?

これがゲーム理論の考え方です。

行動経済学

行動経済学の考え方は「人間は合理的な行動だけじゃなく、社会的・心理的要因に影響されて行動する」です。

献血に金銭報酬をつけたらどうなる?

献血って世界中で足りていないそうです。

「じゃあ金銭報酬をつけたら献血してくれる人は増えるんじゃないか?」

結果は報酬をつける前よりも減ったそうです。

人間の本質を考えさせられる

ゲーム理論、行動経済学に共通しているのは、人間は合理的な行動だけをとるんじゃないということです。

ここらへんを理解してビジネスの仕組みやマーケティングを行うことが必要だということですね。

特に私達の場合は大事な考え方です。

LINEで送る
Pocket

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
株式会社ドラフト採用情報

仕事は人生の3分の1の時間を占めます。だからこそ「仕事が楽しい」のは幸せな事。私達と一緒に楽しい仕事をしませんか?