“増やす改善”ばかりやってきたけど”減らす改善“も大事

LINEで送る
Pocket

改善てありますが、「増やす改善」と「減らす改善」があると思うんです。

ドラフトでは物流課が「減らす改善」を積極的に行ってきました。

・発送の時間を減らす改善

・発送のミスを減らす改善

などなど。

ところが他の部署ではいわゆる”減らす改善“てあまり意識してこなかったように思います。

増やすのが得意

売上、アクセス、CVRなどなど“増やす改善”は積極的に行ってきたんです。

だけどこれからさらに業績を伸ばしたいならに業務の効率化のノウハウと意識を持っておいた方が良いなと。

という訳で”減らす改善”に挑戦したいなと考えています。

何を減らすのか?

減らすって具体的にどういうことかを洗い出してみました。

・ミス・不良の削減

・機械化・自動化による省力化

・仕事を分解し、やり方を見直して省力化

①取り組む問題を決める

上記の視点で課ごとに問題を洗い出してもらおうと思います。

で、出てきた問題を「効果」「やりやすさ」の2つの観点から1つに絞り込む。

何個も改善しようとしても中途半端になるだけなので、1つに集中です。

②目標を決める

取り組む問題を決めたら、どこまで改善するか数値目標を立てます。

その後、問題と目標の差を埋める為にやるべき事を洗い出して実行していく。

③発表の場を設ける

改善の発表を課ごとに行ってもらい、事例を共有することでノウハウをためていく。

 

今年はこれに挑戦したいと思います。

LINEで送る
Pocket

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
株式会社ドラフト採用情報

仕事は人生の3分の1の時間を占めます。だからこそ「仕事が楽しい」のは幸せな事。私達と一緒に楽しい仕事をしませんか?