誘惑に負けてブレそうになる時もあるけど、一貫性がないことはやらない

アパレル業界において11月、12月は繁忙期です。

こういう時期になってくると、ブレそうになる時があります。

 

どういう事かと言いますと、激安のアウターなんかを送料無料で売ると、めちゃくちゃ売れるんですよ。

1ヶ月に1万着とか。

 

某モールのランキングを見ると、そんなアイテムが沢山並んでいます。

「安さ」の戦略ですね。

 

1年ほど前までは私達も同じようなやり方をしていましたから、ランキングを見ていると

「あー安くして送料無料でやろうかな」なんて思う時があるんです。

 

しかし長い目で見ると、私達の戦略には合わないので、結局我慢するんですが。

 

激安アイテムを送料無料で売ると、当然客単価は下がるし、利益率も落ちます。

 

「この商品を入口として、初回客を取り込むんだ!」

と割りきってやってみても、リピート購入はまずありません。

 

なぜかと言うと安売りでとってきたお客様は、

次も安くて送料無料の商品じゃないと買ってくれないのです。

 

最初の商品だけ安くして、次は高い商品を買ってもらおうというのは非常に難しいです。

安さを求めるお客様に、安さ以外の価値を理解してもらえる「理由」がないといけません。

よほど練りこまれたストーリーが必要でしょう。

 

安売り戦略でいくなら、他の商品もずっと安売り+送料無料を続けなければいけないのです。

そういう風にして顧客を囲い、仕入れ数を増やしコストをどんどん下げていくのです。

他社が追いつけなくなるまで。

 

「安さ」「他にない」「集中する」のどの戦略を採ったとしても、

やる事に、一貫性がなければ上手くいきません。

 

一貫性がないことはやっちゃいけないんです。

オシャレには戦略が必要です
40代以上のオシャレに悩む男性へ

私はこれまで様々な企業を調査して成功する企業には共通点、いわば“成功の戦略”がある事に気が付きました。それはファッションも同じで、“オシャレには共通点”があるのです。

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
株式会社ドラフト採用情報

年率10%で成長する巨大なアパレルEC市場の中で私達は「メディア」を活用した双方向性ECサービスを運営しています。事業拡大の為、人材を募集しています。