広告の効果を上げるには目的をハッキリさせる事が大切です

今日は広告の考え方について書こうと思います。

広告を出す目的ってもちろん利益を出す為、つまり売上を増やす為ですよね。

 

売り上げを上げる方法には、大きく別けて

・新規客を増やす

・リピーターを増やす

の2つの方法がありますが、

私達は広告の役割は「新規客を増やすこと」と考えて運用しています。

 

もう少し細かく書くと

・サイトの事を知らない人に知ってもらい買ってもらう

・来店した事はあるけど買った事無い人に買ってもらう

の2点が広告を出す目的であり、

「リピート購入を促すのに、広告や値引は使わない」というのが私達の考え方です。

 

 

そうやって目的をハッキリさせると、広告を出すべき人もハッキリしてきます。

 

広告を出す人を絞るとと「購入率」や「客単価」が高い状態をキープ出来るので、

粗利益-広告費=プラス

なんて事も可能になってきます。

 

・効率の良い広告を打つには、お客さんと目的を絞るのが大事。

戦略を作る時に必要な考え方と同じです。

 

広告でアプローチする人を、かなり絞り込めるのがWEB広告の良い所ですが、

流れに一貫性のある戦略があって初めて、本当の成果を発揮出来るのです。

 

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
”オシャレ教育事業”のシェアNo.1

年率10%で成長する巨大なアパレルEC市場の中で私達は「メディア」を活用した双方向性のあるECサービスを運営しています。少しでも興味がありましたらご覧くださいませ。

おすすめ戦略本を5冊紹介します
ドラフトの戦略を作る時に役立った

世の中には「経営戦略」に関して書かれた本は沢山ありますが、特におススメの5冊を紹介します。私がドラフトの戦略を作る際にも大変役に立ちました。