10年後も有用なスキルについて

LINEで送る
Pocket

IT化、グローバル化、AI化で変化のスピードが早くなり、有用なスキルもどんどん変化する時代。

だからこそ時代にあったスキルを持つ人材を育成出来る企業は強い。

今日はそんな話。

 

以下の論文に書かれている「2030年まで有用なスキル」について取り上げてみました。

The Future of Skills: Employment in 2030

1位 戦略的学習力
2位 心理学
3位 指導力
4位 社会的洞察力
5位 社会学・人類学
6位 教育学
7位 協調性
8位 独創性
9位 発想の豊かさ
10位 アクティブラーニング
戦略的学習力とは?

新しいことを効率よく学ぶためのスキル

有効な本を選べる知識とか、知識が豊富な人との人脈、良い勉強会・セミナーに行ける環境など

洞察力とは?

「観察力」は「目に見える部分」を見る力

「洞察力」は「目に見えない部分」を見抜く力

洞察するには観察することが大切

社会学とは?

社会現象の実態や、現象の起こる原因に関するメカニズム(因果関係)を統計・データなどを用いて分析することで解明する学問

人類学とは?

・人類の本質(他の生物種との共通性と異質性,人類の独自性・特質)

・人類の変異(集団や個体ごとの違い・ばらつき,およびその意味)

・人類の由来(起源と進化・変遷)

について科学的な根拠に基づいた認識を得ること

アクティブラーニングとは?

学習者である生徒が受動的となってしまう授業を行うのではなく、能動的に学ぶことができるような授業を行う学習方法

 

まとめると以下の2点に要約することが出来ます。

①時代の変化を察知する感度

②相手のことを理解する能力

 

①について

感度を上げるには自らが積極的に情報に触れる必要があります。

ドラフトでは朝礼でいろんな企業の事例を取り上げて解説していますが、これは時代の変化を皆さんに感じて欲しいからです。

そこから得たものを実務で試すことでさらに学んで欲しい。

②について

打ち合わせの内容を聞いたりしていると「お客様の立場」になるクセがついてきたように思います。

これは本当に素晴らしいこと。

ますます「相手の立場」になる企業文化を育みたいですね。

 

ドラフトはこれから、ますます人材育成が出来る企業になっていきたいと思います。

LINEで送る
Pocket

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
株式会社ドラフト採用情報

仕事は人生の3分の1の時間を占めます。だからこそ「仕事が楽しい」のは幸せな事。私達と一緒に楽しい仕事をしませんか?