アウトドアウォッチが欲しい(今日はただの趣味の話です)

白山登山に続き、先週は富士山登山と最近山登りが楽しくなってきました。

img_4099

最初はあんなに嫌がっていたのに・・・人間キッカケがあれば変わるもので、今度は子供を連れて家族で文殊山へ登山に行こうと思っていますし、8月はドラフトの皆と浄法寺山へ登る予定です。

辛い思いを一緒に乗り越えると団結力が増すので、社内イベントの一環でオススメですね。いずれまた白山にも登ろうと思っております。

 

そして来月は家族でキャンプへも行きます。勉強会仲間の一真くんに教えてもらった和泉村の前坂キャンプ場に行くのですが、お盆期間中もまだ空いているという穴場っぷり。

キャンプは全くやった事がないので、今回はコテージに泊まりますがなんと4人で6,200円というコストパフォーマンスの良さ。川遊びも出来るそうで、かなり楽しみです。(一真くんありがとう~!)

 

キャンプと言えば最近はグランピングというのが流行っているらしく、社内でも数名がそんな話をしていました。

※グラピングとは
グラマラス(glamorous)とキャンピング(camping)を掛け合わせた造語。ホテルや宿泊施設が提供してくれるキャンプなので、自分たちでテントを張ったりする必要もなく、気軽に贅沢なキャンプを楽しむことができる。

glamping-qld-nightfall-camp-luxury-tent ph_contents1_main_01b cached (1) cached

 

山ガールやグランピングなど、最近はアウトドアブームですね。という訳で、私も最近はアウトドアにとっても興味があります。

そうなってくるとカッコから入る私としては、アウトドアウォッチが欲しくなる。

 

社内でスポーツ大好きO氏がSUUNTOの時計を颯爽と付けているんですが、これがカッコいい。

本格アウトドアウォッチの中でもフィンランドメーカーのSUUNTOはかなりオシャレなデザインなのです。

SUUNTO-core9

 

そのSUUNTOとライバルとなるのがG-SHOCKの頑丈さで有名なカシオの本格アウトドアギアPRO TREKです。

PRO TREK

シンプルデザインでカッコよさではSUUNTOに軍配が上がりますが、MADE IN JAPANの多機能さと精密さ、そして壊れにくさはプロの登山家も使う程だとか。

 

まあそんなすごい山に行く事はないので、どちらの時計も私にとってはオーバースペックな訳ですが、「プロが使う道具」って男なら何だか心を惹かれてしまいますよね。

 

趣味程度のアウトドアならばG-SHOCKでも十分すぎるくらいです。

G-SHOCKも全部黒のモデルはシンプルでカッコいい。

81ZifSVC86L._UL1500_

 

81rzJjzpytL._UL1500_

 

考えてみるとCASIOって時計メーカーの中でもこういった頑丈さやアウトドア機能を付けた時計に強みを持っていますよね。ちゃんと差別化されてる。

今度、時計メーカーの戦略を分析してみようと思います。

 

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
”オシャレ教育事業”のシェアNo.1

年率10%で成長する巨大なアパレルEC市場の中で私達は「メディア」を活用した双方向性のあるECサービスを運営しています。少しでも興味がありましたらご覧くださいませ。

おすすめ戦略本を5冊紹介します
ドラフトの戦略を作る時に役立った

世の中には「経営戦略」に関して書かれた本は沢山ありますが、特におススメの5冊を紹介します。私がドラフトの戦略を作る際にも大変役に立ちました。