楽天vsアマゾンの記事が載ってました。勝敗は?

日経MJに楽天とamazonを比較した特集が載っていました。

10個の項目について1,024人にアンケートを取り、比較したもので、

どちらが好きか?
楽天42.5% amazon57.5%

商品の探しやすさ
楽天32.9% amazon67.1%

品揃え
楽天52.8% amazon47.2%

価格の分かりやすさ
楽天31.7% amazon68.3%

配送の便利さ
楽天19.7% amazon80.3%

送料
楽天22.7% amazon77.3%

ポイント
楽天89.8% amazon10.2%

トラブル対応
楽天7.4% amazon15.0%

スマホアプリの使いやすさ
楽天11.6% amazon15.3%

ネット通販以外の特典
楽天69.6% amazon30.4%

という結果になりamazon7勝 楽天3勝という結果になりました。

 

どうしてこんな結果になるのかというと、日用品や型番品など、買う機会が多いものを買う時は圧倒的にamazonの方が使いやすいからだと思います。

配送もamazon自身が行うので早い、送料無料のルールも統一されていて分かりやすいという強みが活かせているのです。(楽天も以前は物流センターに投資して自社物流を行おうとしましたが、現在は凍結)

そういった理由もありamazonの利用者は楽天を追い抜いたそうです。

 

もともと楽天が得意だったのは、例えば地方のあまり知られていない良品をネットで全国に売るというスタイルでした。

ところが最近はamazonの領域である日用品、型番品にも進出しており、この部分でamazonに押されているのです。

ポイントの部分では楽天が圧勝していましたが(楽天89.8% amazon10.2%)、楽天トラベルやその他サービスとのポイント経済圏は楽天にしかない強みです。

この部分を活かす事が出来るのかどうかが今後重要かもしれませんね。

 

オシャレには戦略が必要です
40代以上のオシャレに悩む男性へ

私はこれまで様々な企業を調査して成功する企業には共通点、いわば“成功の戦略”がある事に気が付きました。それはファッションも同じで、“オシャレには共通点”があるのです。

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
株式会社ドラフト採用情報

年率10%で成長する巨大なアパレルEC市場の中で私達は「メディア」を活用した双方向性ECサービスを運営しています。事業拡大の為、人材を募集しています。