洋服はどうしてロット数を多くすると原価が下がるのか?

アパレル

どんな商売でもロット数を増やせば原価が安くなるイメージありますよね。

それはアパレルの場合も同じなのですが、洋服の場合はなぜ大量生産すると原価が下がるのか?

今日はその理由について書きたいと思います。

 

洋服を作るのにはいろんなコストがかかります。

生地、付属品(ボタンなど)、縫製、輸送費、関税などですね。

実はこの中で1番大きな比率を占めるのが「生地代」です。

イメージ的には「縫製」が1番高そうですが、原価の半分は生地代なんですね。

つまり同じ生地を安く手に入れる事が、1番原価を下げるのに利くのです。

 

ではどうすれば生地を安く手に入れられるかというと、同じ生地を沢山発注すればいい訳です。

つまり同じ服を沢山作れば、原価は安くなるという訳ですね。

もしくは、汎用性の高い生地を使って洋服を作る。

 

ユニクロが上手なのはここなんですね。

我々も見習うべきところはマネしたいなと思います。

アパレル

オシャレには戦略が必要です
40代以上のオシャレに悩む男性へ

私はこれまで様々な企業を調査して成功する企業には共通点、いわば“成功の戦略”がある事に気が付きました。それはファッションも同じで、“オシャレには共通点”があるのです。

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
株式会社ドラフト採用情報

年率10%で成長する巨大なアパレルEC市場の中で私達は「メディア」を活用した双方向性ECサービスを運営しています。事業拡大の為、人材を募集しています。