10年やってみて分かってきた!私が考える2つの社長の仕事

12月に入って、そろそろ賞与を決めるところが多いのではないでしょうか。

ドラフトもそんな時期なのですがドラフトの評価基準を、図で説明するとこうなります。

図

戦略:理念を達成する為のシナリオ

課題:達成の途中で出てくる課題

作戦:課題解決のプロジェクト

戦術:プロジェクトを実現する具体的な行動

後方支援:輸送、労働環境、財務などの整備

 

「大きな視点」になるほど難しくなる=評価が高いです。

効果的な作戦や戦術を考え、良い成果を出す人が評価が高い人です。

もちろん全ての目標は数値化されている事が前提で、それぞれの目標は全員が見れるようになっています。

 

社長ならば、戦略、課題、作戦は考えなければならないでしょう。

これが社長の最も大切な仕事。

ここまで明確にすると、感の良い人なら、今どんな目標を立てればいいのか?自分の目標は何の為にやっているのか?を理解してくれます。

 

そしてもう1つ、今後やっていきたいのが「作戦」を発案し管理出来る人材を育成する事です。(こういう人材を管理職と呼ぶ)

業績を伸ばしていこうとすればするほど沢山の、そして難易度の高い「作戦」が必要になってきます。

つまり”人材育成”が必要なのかなと思います。

そして人材育成も社長の大切な仕事。

今までは戦略が中心でしたが、これからは「人材育成」の勉強もしていこうと決めました。

 

戦略、課題、作戦まで考えるのが社長の第1の仕事。

そしてもう1つは人材育成。

会社の状態や大きさにもよると思いますが今、私はこの2つが重要だと考えています。

私の来年の個人目標は「人材育成」に決まりです!

どうすればいいのか?まずは読書からですね。

来年もブログはそういった内容が多くなる気がします。

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
”オシャレ教育事業”のシェアNo.1

年率10%で成長する巨大なアパレルEC市場の中で私達は「メディア」を活用した双方向性のあるECサービスを運営しています。少しでも興味がありましたらご覧くださいませ。

おすすめ戦略本を5冊紹介します
ドラフトの戦略を作る時に役立った

世の中には「経営戦略」に関して書かれた本は沢山ありますが、特におススメの5冊を紹介します。私がドラフトの戦略を作る際にも大変役に立ちました。