MVNO(SIMフリー)を使って半年経過した私がMVNOを語ってみる

去年夏のスマホ水没事件から半年・・・MVNOを使ってみての感想を書いてみたいと思います。
スマホが海で水没したのでSIMフリーにするまでの話し

 

まず電波ですが、これは全く問題ありません。

私はFREETELというとこを使ってるのですが、docomoと同じ回線なので安定してます。富士山でも余裕で使えました。

ネットの速度も遅いと感じた事はありません。

 

続いて料金

ソフトバンクの時は月に7,500円だったのが月3,000円~4,000円になりました。

やはり安い。

 

結果としてMVNOにして良かったなと感じています。

私の周りでもMVNOに変えたよって人が増えてきて、今後ますます増えていくと思います。

そして市場が広がると同時にMVNOの事業者も増えていくでしょう。なんと今現在で500社以上あるそうで、激しいシェア戦争になっていくと思われます。

 

その中で、有利なのは3大キャリアと組んだMVNO業者です。

具体的にはSoftbankのYモバイルと、auのUQモバイル。

この2社のテレビCMを最近良く見かけませんか?

 

これはどうしてかというと、MVNOは一般的にはまだまだ知名度が低く、それなりの知識が無いと選ぶのも難しいです。

だからこそ知名度UPとしてテレビCMを打ったり、サポートの充実を進めていく必要があるのですが、これには資金が必要。

手っ取り早いのは資金力のある3大キャリアがMVNOを推し進めていく事です。

MVNOの事業者は3大キャリアの回線を借りてサービスを提供しています。MVNOのシェアが高まれば高まるほど、回線貸し出し料が入ってくるという訳なんです。

 

テレビCM等もあって、今年はMVNOの市場はさらに伸びるのではないかと予想しています。

自分の使い方に合わせていろんなプランの中から選べるので、90%以上の人が携帯代金を安く出来るはずです。

「自分は月にいくら携帯代を払ってるのか知らないよ」なんて方は、これを機会に自分の使い方を見直して、思いきってMVNOに変えてみるのも良いと思います。

 

最後に、私のおススメはY!mobileです。妻が年末にY!mobileにしたのですが、データプランと通話プランのバランスが良く、殆どの人にマッチするのではないかと思いますね。

私達と一緒にNo.1を目指しませんか?
”オシャレ教育事業”のシェアNo.1

年率10%で成長する巨大なアパレルEC市場の中で私達は「メディア」を活用した双方向性のあるECサービスを運営しています。少しでも興味がありましたらご覧くださいませ。

おすすめ戦略本を5冊紹介します
ドラフトの戦略を作る時に役立った

世の中には「経営戦略」に関して書かれた本は沢山ありますが、特におススメの5冊を紹介します。私がドラフトの戦略を作る際にも大変役に立ちました。